はじめて間もないママ起業家さん向けのサイトです 詳細はこちらから

面倒な帳簿つけやレシート整理を習慣化させる3つの方法

こんにちは。市川えり(Twitter| Instagram)です。

帳簿つけやレシート整理ってメンドクサイですよね。

  • 何から手をつければいいのか?
  • どのように整理すればよいか?
  • レシートが増えるとどんどんやる気もなくなる…
  • そもそも帳簿をつけている時間がない!

そんなこんなで気が付けいたらもう年が明けて、確定申告直前に大慌てで取りかかる…

なんて経験をしたことがある人も多いはず。

個人事業主・フリーランスとして働くならば、帳簿と向き合うことは避けてはとおれません。

そして税理士などの専門家を雇う余裕がないなら自分でやるしかありません。

そこでどうせやるなら気持ちを切り替えて、帳簿も毎月の業務のひとつとしてスケジュールに組み込んでみませんか?

かくいうわたしも起業当初は帳簿を後回しにして大変な思いをしたことは数知れません。

その時の反省からどのように帳簿と向き合えばめんどくささを解消できるか、わたしなりにまとめてみました。

この記事の内容

帳簿をつける日を先に決める

まず一番最初にするべきことは帳簿をつける日を先に決めること。

帳簿ってそのとっつきにくさと緊急性のなさから

「予定が空いたらやろう」

「スキマ時間に片づけてしまおう」

と後回しにしがちですよね。

みなさんよくご存じだと思いますが、この後回しにするというのが問題なのです。

予定がぽっかり空くこともスキマ時間ができることもないと心得ましょう。

おそらくあったとしても別の予定を入れたりしますよね。

わたしもそうなのでわかります。責めるつもりはありません。わたしはあなたの味方です。

ではどうすればよいか。

それは一年、あるいは一か月のスケジュールを組む時に帳簿をつける日をあらかじめ決めてしまうんです。

とにかくその一日だけは帳簿以外の仕事をしない、入れない。

この時のポイントとして予備日も同時に設定しておきます。

急な用事でどうしても外出しなければいけない時はよくあること。

その時のための保険としてもう一日押さえておくのです。

仕事の一環としてスケジュールに組み込むことで帳簿やレシート整理に取り掛かる気持ちをぐっと高めていきましょう。

帳簿つけの手順をマニュアル化する

さて帳簿の日になりました。あなたはデスクの上にレシートを広げて途方に暮れています。

「やるべきことがありすぎて、どこから手をつければいいのかわからない…」

せっかく予定も決めて取りかかろうとしたのに、これではせっかう出てきたやる気も失せてしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが作業を仕組み化すること。

  1. やるべきことをすべて書き出す
  2. 順番を考える
  3. 必要なものを手元にそろえる
  4. 作業に取りかかる

これだけです。

この一連の流れをマニュアル化して毎回同じ順序で行えばそれが習慣となり、苦手意識も薄れていきます。

「スケジュールには組んだけれどもそもそもやる気が出ない」

ということもあるでしょう。

そういう人はまずレシートを月別または勘定科目別に分けるといったものすごく単純な作業から取り掛かりましょう。

イチロー選手が現役時代に行っていた、バッターボックスに立つ前のルーティンのようなイメージ。

これを帳簿の日にまずはじめる作業としてマニュアル化してしまうのです。

3か月以上はためない

わたしの経験でいうと帳簿やレシート整理は3か月ためると”やりたくない度”が一気に上昇します。

特にレシートなんかは品名が書かれていなかったりするともうお手上げですね。

「このレシートなんだったっけ…?」

と小一時間ほど悩みます。とても無駄な時間です。

さらに4か月放置すると何をしていても頭の片隅で常にレシートの山がチラつきます。

半年以上放置すると焦燥感と精神的圧迫感はさらに加速し夢にまで出てくるようになります。

その結果、確定申告前に半泣きしながらレシートの山を仕分けしなくてはならなくなるわけです。怖いですね!

そうなる前の予防策としてもらったレシートにはその場でメモをしておくことをおすすめします。

あわせて読みたい
ひと手間で帳簿記帳の作業効率が劇的にあがる『ちょこっとメモ』
ひと手間で帳簿記帳の作業効率が劇的にあがる『ちょこっとメモ』【通帳の摘要欄にメモをしよう】起業するとき、まず初めにやっておきたいのが事業用の銀行口座をつくることhttp://shinonome-lifeplanning.com/yucyo-yagoukouza/http:/...

レシート整理や帳簿を何か月もためているという状態は仕事のパフォーマンスや集中力を低下させる要因にじゅうぶんなり得るのではないでしょうか。

帳簿をつけ終わった後のスッキリ感がすべてを物語っていますよね。経験した人ならわかるはず。

なので毎月は難しいという人は3か月に一度は帳簿の日を設定するといいんじゃないかなーと個人的には考えています。

まとめ

面倒な帳簿つけやレシート整理をため込まずに処理する方法として

  • 帳簿をつける日と予備日をあらかじめスケジュールに組み込んでしまう
  • 帳簿をつける手順をマニュアル化する
  • 3か月以上はためない

を紹介させていただきました。参考にしていただけましたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

当サイトではコンテンツの正確性・妥当性の確保に努めておりますが、執筆時点の各種法令に基づき記載をしているため、記載内容が必ずしも最新の情報であるとは限りません。

わからない場合は自己判断せずに、関係各所やお住まいの地域の税務署の窓口か電話で相談しましょう。
税務に関してのお問い合わせは以下のサイトに連絡先があるので参考にしてください。

【参考】税についての相談窓口 国税庁

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2人の子育てをしながら完全独学にて国家資格である2級ファイナンシャルプランニング技能士/AFPを取得。

その資格を活かして、ママさん起業家が直面する扶養・税金・社会保険・確定申告・開業届・経費・帳簿にまつわるセミナーや個別相談の開催、執筆等の活動を数多く手掛ける。

現在はブログの執筆をメインとしてフリーランス・個人事業主のあり方やライフプランについても書いています。

神社仏閣めぐりとネコが好きなアラフォーです。

この記事の内容
閉じる